JICA

The seemingly public hearing of the ProSavana Program: Yet another phoney dialogue process プロサバンナ事業による形だけの公聴会 〜もう一つの操られた対話プロセス

  去る2015年6月12日に、マプート市のジョアキン・シサノ国際会議センターにて、プロサバンナ事業によるナショナル・レベルの「公聴会」 が開催された が、これは先駆けて4月と5月に行われた、郡レベル、ナンプーラ、ニアサそしてザンベジア州の州都での「公聴会」と同様の傾向を帯びたものと なった。

People's appeal for an immediate invalidation of the 'Public Hearing of ProSavana's Master Plan" 3カ国市民社会 緊急共同声明 「プロサバンナ事業のマスタープランに関する公聴会」 の無効化呼びかけ

私 たち、モザンビーク、ブラジル、日本の国民は、民衆同士の結びつきを土台として、互いに連帯しあい、「プロサバンナ事業」として知られる「三角協 力による モザンビーク熱帯サバンナ農業開発プログラム」を注視し、そのプロセスに関わってきた。

Stalking and intimidation of the Malema district administration マレマ郡行政府が、ProSAVANA事業を拒否した農民らを付きまとい、脅迫

マ レマ郡行政府の主催で行われた4月28日の公聴会を、途中でボイコットしたProSAVANA事業を拒否するムトゥアリの農民やコミュニティが、 同郡行政 府の傘下にいるムトゥアリ行政ポスト長、首長ムショナ(Muchona)とSDAE(郡経済活動振興部)関係者らによって付きまとわれ、脅迫の標 的となっ ている。

Urgent request for re-organisation of the ProSAVANA's public hearing プロサバンナ事業マスタープランに関す る公聴会やり直しの緊急要請

平素から、国際協力におけるNGOの活動と役割にご理解とご協力をお示し下さり、誠にありがとうご ざいます。先般、4月18日付で、緊急声明「プロサバンナ事業でのマスタープラン初稿の開示と対話プロセスに関する 抗議と要請」をお送りいたしましたが、本状はその後の現地における公聴会の状況を踏まえ、要請するものです。